岩手県立大学盛岡短期大学部

Wikipedia 引用:Wikipedia
偏差値45~48
※ 2019年度の偏差値
正式名称岩手県立大学盛岡短期大学部
(いわてけんりつだいがくもりおかたんきだいがくぶ)
Morioka Junior College, Iwate Prefectural University
種別公立
所在地〒020-0693
岩手県滝沢市巣子152-52
電話番号019-694-2000
FAX番号
公式サイトhttps://www.iwate-pu.ac.jp/jc/

岩手県立大学盛岡短期大学部の学科別偏差値

生活科学科/食物栄養学専攻(偏差値:45)
生活科学科/生活デザイン専攻(偏差値:45)
国際文化学科(偏差値:48)

岩手県立大学盛岡短期大学部の特徴

岩手県立盛岡短期大学部は、1946年に創立し、1951年に大学設置した公立の短期大学です。

かつて岩手県立盛岡短期大学として盛岡市住吉町1-48にキャンパスが置かれていたが、岩手県立大学開学に伴い岩手郡滝沢村(現滝沢市)に移転され県立大学併設の短期大学となり、学科体制が2学科と1学科2専攻から、従来の1学科2専攻と新設1学科として再編され現在にいたっており、盛岡市の旧キャンパス跡地は現在岩手県林業公社が利用しています。

▼岩手県立大学紹介動画

全国の短大でも数少ない国際文化学科が設置されています。
英語ほか中国語やハングル語・ロシア語などがあり東北地方では数少ないものとなっています。

岩手県立大学盛岡短期大学部の主な卒業後の進路

岩手県立盛岡短期大学部の進路は、一般企業への就職が多いです。
主な就職先は、東北銀行、みずほ銀行、サンポット、日進医療食品、マックスバリュ、グリーンハウスなどです。

岩手県立大学盛岡短期大学部の入試難易度・倍率

岩手県立盛岡短期大学部の偏差値は45〜49です。
2019年度の入試倍率は、一般入試で1.6倍、推薦入試で1.3倍、センター試験で1.6倍です。

岩手県立大学盛岡短期大学部に合格するために

岩手県立大学盛岡短期大学部に合格するためには、センター試験で50%〜70%の得点率が必要になってきます。
センター試験対策としては、過去問をどれだけ繰り返し解いたかが重要になってきます。
過去問演習を繰り返す必要があるのは、センター試験の傾向や出題パターンを知りそれに対処するためです。
日々の勉強でやるべきことを明確にし、自分の弱点を明確にし、知識の抜けやセンター試験で必要とされているアウトプットの方法を知りそれに対応するため、すなわち得点力を上げるためです。さらにいうと、それによって問題を処理する処理能力が上がり時間短縮できるようなります。
センター試験本番の問題とその他のものでは質に差があります。したがって得なければならない知識や思考や感覚にズレが生じてしまいます。あくまでセンター試験対策の基本は過去問演習と弱点補強の繰り返しをメインにしてください。

岩手県立大学盛岡短期大学部が輩出した有名人・著名人

不明

岩手県立大学盛岡短期大学部へのアクセス方法

■地下鉄・JRをご利用の場合
IGRいわて銀河鉄道「滝沢駅」より徒歩15分

岩手県立大学盛岡短期大学部の周辺マップ

札幌エリアで最安級!
50分あたり1,083円~※料金比較表

大成会は『安くても手厚い学習サポート』が自慢です!
小学生・中学生・高校生まで対応。難関校の受験もお任せください。

0120-519-509
大成会LINE公式アカウント(LINE@)
大成会公式LINE@のQRコード

札幌の学習塾「大成会」では、LINE公式アカウントを運用しています。
メールや電話よりも手軽に問い合わせができる他、楽しいコンテンツの配信やお得な情報も手に入ります!
Eメールのお問い合わせよりLINEのほうがスムーズですので、皆様お気軽にご登録ください♪

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.